動物詳細情報
更新日: 2021-05-08 11:06:04
【生物名】
和名ベアードバク読みべあーどばく
漢字別名チュウベイバク
英名Baird's tapir、Central American tapir
学名Tapirus bairdii

【IUCNレッドリスト】
最新バージョン:2021-1   ※「年-その年の更新回数」
絶滅危惧種
IUCNレッドリストカテゴリー:絶滅危惧IB類 (EN)
説明:IA類より低いが、近い将来野生絶滅の危険が高い種
IUCNレッドリストサイト ⇒ ベアードバク
※サイトでは日本語も選択できます

【名前の由来】
ベアード/バク
①ベアード
 19世紀のアメリカの生物学者、スペンサー・フラトン・ベアード(Spencer Fullerton Baird)に由来している。
②バク
 中国の伝説の生物「獏(ばく)」と姿が似ていることから名付けられた。
 また、実際に存在した「バク」を見て、想像上の生物を「獏」と名付けたという説もある。

チュウベイ/バク
①チュウベイ
 「チュウベイ」は「中米」、つまり中央アメリカを表す。

スペンサー・フラトン・ベアード



中国の伝説の生物「獏」



ベアードバクの生息域



【ウィキペディア】
ウィキペディアでの参照はこちら ⇒ ベアードバク
※ウィキペディアに掲載のない生物は表示されませんのでご了承ください。

【特徴】
①鼻
 マレーバクほどではないけど長く伸びている。
②色
 全身濃い茶色か黒色だが、顔から胸のあたりまでは白っぽい。
③足
 蹄は前足が4本、後ろ足が3本。

ベアードバク特徴



アメリカバク特徴



【関連リンク】


【参考文献】