動物詳細情報
更新日: 2021-05-25 22:29:44
【生物名】
和名アジアゾウ読みあじあぞう
漢字アジア象別名
英名Asian elephant
学名Elephas maximus
その他特定動物

【IUCNレッドリスト】
最新バージョン:2021-1   ※「年-その年の更新回数」
絶滅危惧種
IUCNレッドリストカテゴリー:絶滅危惧IB類 (EN)
説明:IA類より低いが、近い将来野生絶滅の危険が高い種
IUCNレッドリストサイト ⇒ アジアゾウ
※サイトでは日本語も選択できます

【名前の由来】
アジア/ゾウ
①アジア
 インドやスリランカ(南アジア)、東南アジアなどのアジア地域。
②ゾウ
 ゾウは漢字で「象」。古代中国に生息していたゾウの姿がそのまま漢字になったんですね。
 いわゆる象形文字の代表格です。

アジアゾウ生息域



ゾウの象形文字



【ウィキペディア】
ウィキペディアでの参照はこちら ⇒ アジアゾウ
※ウィキペディアに掲載のない生物は表示されませんのでご了承ください。

【特徴】
①種類
 インドゾウ、セイロンゾウ、スマトラゾウ。
②生息域
 インドゾウ:インド、ネパール、中国、東南アジア諸国。
 セイロンゾウ:スリランカに生息。
 スマトラゾウ:スマトラ島に生息。
③耳
 全体:アフリカゾウと比べて耳はかなり小さい。
 セイロンゾウ:亜種内では最も大きい。
④頭
 全体:頭にこぶが二つある。これはアフリカゾウやマルミミゾウにはない特徴。
⑤キバ
 全体:キバはあるけど見えない個体が多い。
⑥体色
 セイロンゾウ:亜種内では暗い色。
 スマトラゾウ:亜種内では明るい色。
⑦ろっ骨
 インドゾウ:19対。
 セイロンゾウ:19対。
 スマトラゾウ:20対。

アジアゾウの生息域



アジアゾウ全体の特徴

No author-A female Asian elephant eating

 



インドゾウの特徴

Jayanand Govindaraj-Indian Elephant

セイロンゾウの特徴

Arian Zwegers-Yala, elephant

スマトラゾウの特徴

Midori-Sumatran Elephant

【関連リンク】


【参考文献】

【参考文献】

【参考文献】

【参考文献】

【参考文献】

【参考文献】

【参考文献】