動物詳細情報
更新日: 2019-07-15 10:59:13
【生物名】
和名パルマワラビー読みぱるまわらびー
漢字別名パルマヤブワラビー
英名Parma wallaby
学名Macropus parma

【IUCNレッドリスト】
最新バージョン:2020-2   ※「年-その年の更新回数」
低リスク種
IUCNレッドリストカテゴリー:準絶滅危惧 (NT)
説明:存続基盤が脆弱な種
IUCNレッドリストサイト ⇒ パルマワラビー
※サイトでは日本語も選択できます

【名前の由来】
パルマ/(ヤブ)/ワラビー
①パルマ
 アボリジニの言葉「parma」に由来。言葉の意味は不明。
②ヤブ
 草や木が生い茂った場所(やぶ)に生息している。
③ワラビー
 ワラビーの名はシドニー周辺で生活していたアボリジニのEora族の言葉に由来している。

【ウィキペディア】
ウィキペディアでの参照はこちら ⇒ パルマワラビー
※ウィキペディアに掲載のない生物は表示されませんのでご了承ください。

【特徴】
①大きさ
 カンガルー属の中で最も小さい。アカカンガルーの10分の1以下の大きさ。
②シッポ
 カンガルーと比べるとシッポが短い。
③後ろ足
 カンガルーと比べると後ろ足が短い。
④体重
 種の平均の体重がおおむね25kgよりも軽い。

パルマワラビーの特徴



【関連リンク】

【管理人の言いたい放題!!】
100年間絶滅したと考えられていたが、1965年に再発見された。


【参考文献】