動物詳細情報
更新日: 2020-10-25 18:56:55
【生物名】
和名フタユビナマケモノ読みふたゆびなまけもの
漢字別名
英名Linné's Two-toed Sloth
学名Choloepus didactylus

【IUCNレッドリスト】
最新バージョン:2020-3   ※「年-その年の更新回数」
低リスク種
IUCNレッドリストカテゴリー:軽度懸念 (LC)
説明:絶滅のおそれもなく、近い将来絶滅する見込みが低い種
IUCNレッドリストサイト ⇒ フタユビナマケモノ
※サイトでは日本語も選択できます

【名前の由来】
フタユビ/ナマケモノ
①フタユビ
 2(ふた)つの指。手の指が2本ということ。
②ナマケモノ
 完全に名前のとおり、ゆっくり動くまたは全く動かない様子をみて「怠け者」という名前が付いた。

【ウィキペディア】
ウィキペディアでの参照はこちら ⇒ フタユビナマケモノ
※ウィキペディアに掲載のない生物は表示されませんのでご了承ください。

【特徴】
①指の数
 手の指が2本。
 ※足の指は3本。
②首の骨の数
 7個 ←普通の哺乳類と同じ
③シッポ
 ほとんどなし(あっても痕跡程度)。
④体温
 哺乳類では珍しく変温動物。外気温に合わせて体温が変わる。

【関連リンク】

【管理人の言いたい放題!!】
ナマケモノは指は2~3本、哺乳類なのに変温動物、ほとんど動かない、ほぼ一生を樹上で暮らすといったふうにかなり変わった生態、生活スタイルですが、
その中でフタユビナマケモノは首の骨が7本ということで、ナマケモノの中ではスタンダードな哺乳類の部類に入ります。
こんなにのんびりしていてもレッドリストでは「軽度懸念(LC)」なのが不思議でなりません。

【豆知識】
夜行性で1頭だけで活動するのが基本。中央アメリカ~南アメリカに生息している。
(参考文献『 学研の図鑑 動物 』参考文献にでてくる動物一覧)

大きくて重そうに見えるけどそれはナマケモノ体毛マジック!
ほとんど動かないから筋肉が少なくて4~8kgしかないぞ!
(参考文献『 図解雑学 動物の不思議 』参考文献にでてくる動物一覧)

キュウリが大好物!野生では体毛にコケが生えて天敵からのカモフラージュになっている!
襲われた時の動きは意外とすばやいので、捕まえようとして油断すると大けがするぞ!
(参考文献『 動物の値段 』参考文献にでてくる動物一覧)

体毛が逆立っているから雨が降っても背中に流れてすぐ流れ落ちる!いつもさかさまにぶら下がっているナマケモノならではの進化なのだ!
(参考文献『 ぬまがさワタリのゆかいないきもの㊙図鑑 』参考文献にでてくる動物一覧)



【参考文献】

【参考文献】

【参考文献】

【参考文献】